家族の想い出屋さん
2021-11-09

【出張撮影】企業様のプロフィール写真撮影をしてきました

企業様のプロフィール写真撮影をさせていただきました。

真顔と笑顔両方を撮影します。

「笑って!」とお願いしない撮影です

笑顔の写真の時は、簡単な会話をしながら撮影するので時には笑いすぎちゃったりすることもありましたが自然な表情を撮影することを心がけてます。

また、「はじめまして」の挨拶した時と会話をしてる時の印象がすごく違うのでこれは意識した方が良いですよ!

自分の写真を見た時に「あれ?なんか怖い印象?」「写真だとなんか怖く見える・・・」「笑顔ってどうやるの?」

このギャップはやはり鏡で見る自分の顔と違うからだと思います。自分で鏡で見る顔と人前で見せる顔は明らかに違くて、写真を撮る時は自分が普段鏡で見てる顔ではないのでなんかモヤ〜としか感じになるんだと思います。

また、カメラを前にして少なからず緊張するし、カメラを見ようとして睨んだような形になるのもそのためです。

写真を撮ることに意識が向きすぎるとやはり顔がこわばるし、ちょっと睨んでる印象になります。そしてそれは人それぞれに抱えるコンプレクスを見せないようにするとより強調されてしまいます。

目を大きく見せようとして力入りすぎて、目に力が入りすぎてる!みたいなことです。

カメラマンにああして、こうしてと指示されてすぐできるなら良いですが中々そうはいかないのが難しいところです。だから写真撮られることが嫌いな人が多いのも分かる気がします。

プロフィール写真なのでいつも誰かに見られている表情を写真にするのが一番良いと考えてます。人とコミュニケーションを円滑にするために必要なのは笑顔だし、自然な柔らかい表情の方が声かけられやすいです。誰も睨んでる人に声をかけようとはしないはずです。

では自然な表情はどうやって撮るか?

それは、会話です。あなたが人と話す時の表情がベストだと考えます。そのためお話しながら撮影してます。

ただ、そんな自然な表情より真顔が良い!真顔が必要!というケースもございます。その場合はそちらがベストな答えだと思うのでそういう写真を撮影します。

「この人と仕事したい!」

「この人とお話ししてみたい!」

その最初のきっかけがプロフィール写真です。結構大事な要素です。プロフィール写真撮影してみませんか?

会社単位でも個人でも

プロフィール写真撮影も承っております。

お仕事や新たな出会いにあなたの自然な表情のプロフィール写真に変えませんか?

お問い合わせはこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です