070−1619−0977

Studio RedStar

電話受付 月〜金10:00〜19:00
お問い合わせ・ご質問等はお気軽にご相談ください。
info@studio-redstar.com
メールフォームからが便利です。

カメラレッスン

露出のバランス

投稿日:

1.露出=写真の明るさ

カメラに光を取り込むことで写真が撮れる → シャッタースピードと絞り

2.シャッタースピード

カメラに光を取り込む時間 → 被写体の時間をコントロール

シャッタースピードが速い=光を取り込む時間が短い=暗くなる
 →被写体の一瞬を撮影できる

シャッタースピードが遅い=光を取り込む時間が長い=明るくなる
 →被写体の流れを撮影できる

3.絞り

レンズからカメラに取り込む光の量

絞り=F値で表されます

F値:1 , 1.4 , 2 , 2.8 , 4 , 5.6 , 8 , 11 , 16 , 22

F値が小さい:絞り穴が大きい=光の量が多くなる=写真が明るくなる
→ボケやすくなる=ピントが合う範囲が浅い(被写界深度が浅い)

F値が大きい:絞り穴が小さい=光の量が少なくなる=写真が暗くなる
→ボケにくくなる=ピントが合う範囲が深い(被写界深度が深い)

4.シャッタースピードと絞りの関係

オート撮影
 → カメラが持っている標準露出に合わせてカメラが設定

シャッタースピード優先モード
 →シャッタースピード固定で絞りはカメラにお任せ

絞り優先モード
 →絞り固定でシャッタースピードはカメラにお任せ

マニュアル撮影
 →全部自分

5.露出補正

カメラが持っている標準露出をあなた好みにする

+1 , 2 , 3:「明るくして」と教えてあげると、カメラが明るく設定

ー1 , 2 , 3:「暗くして」と教えてあげると、カメラが暗く設定

-カメラレッスン

Copyright© Studio RedStar WebSite , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.