新しいストロボを買いました!GODOX V860Ⅱ型 for Canon

先週の仕事中に突然発光しなくなってしまったストロボ。
こういうのはいつでも突然起こるのだけど…電源はつくけど発光しなくなった。発光管が壊れたようだ。
ストロボは消耗品なので仕方ない・・・2年持ったので頑張ってくれた方だと思う。色々と手助けてくれて感謝しかない。本当にありがとう!!

ということで、今回はストロボ導入を考えてる人向けに、ちょっとでも参考になれたら嬉しいです。

今まで使ってたストロボ

今までは、Cactusというストロボを使用してた。

クリップオンストロボでカメラにつけて撮影したり、オフカメラで撮影したりしていた。

通常は、カメラに付けてスクールフォトの撮影や結婚式、二次会、企業パーティーなどで使ってた。
このCactusのストロボは純正と同じ光量だけど価格が1/3ぐらいで買える。性能的には純正のストロボでなくても問題はない。当然純正のほうが便利機能や造りなどもしっかりしてるので所有欲は純正の方が圧倒的に良いのだけど、システムの組みやすさなどを考えるとこちらのほうがハードルが低いので、これからストロボを導入してみようと思っている人はオススメです。

オフカメラのシステム

Cactus V6Ⅱ

これをカメラに取り付けることで、ストロボをカメラから話してストロボを発光させることができる。こうすることで、光の向きなどを自由にでき、ポートレート撮影や人物撮影にとても向いている。
僕はこれを取材撮影時にも使ったりしている。

Model:Azusa
Model: Sayaka

暗くなるところを明るくしたり、影を作るために入れたり、くっきり撮るために入れたりと色んなやり方がある。

Model: Masaki
Model: Asako

真っ暗な闇夜でも被写体を明るくすることができる。ストロボを使い出すとストロボを使いたくて撮影してたりする(笑)

撮影会イベントなどはイベント会社がモノブロックストロボを貸してくれるので補助光としてクリップオンストロボを使ったりしていて、取材撮影時などは大型よりもクリップオンストロボの方が何かと便利なのでこちらを持参して撮影している。

そんなストロボが壊れてしまった!!一大事なのです!!

GODOX V860Ⅱ型

今回、新たに導入したのはGODOXというメーカーにした。
パット見の外見はほとんど変わらない。この辺はだいたいどのメーカーも同じ。
性能も同じモノを買った。どこが違うのか??なんでGODOXにしたか??

このV860Ⅱ型で最も良い点は、電池。
一般的なクリップオンストロボは乾電池で動くが、V860Ⅱはリチウム電池バッテリーとなっていて充電式で乾電池よりもチャージが速い!!このチャージが速いことはストロボを使った撮影でとても大事なことでチャージが速いことで確実に発光するチャンスを逃さない!!チャージに時間かかって「あぁ・・・」なんてことがより起こりにくくなっているのが一番気に入ってる。

GODOX Xpro-C

今回はオフカメラシステムをより重視してGODOXにした。

X Pro-Cは、コマンダーとなっておりこれをカメラに付けることで、GODOXのストロボをコントロールすることができる。コマンダーで光量や照射角、光らせるストロボなどをコントロールすることができる。1つのコマンダーで最大6台までをコントロールすることができる。これ一つで6灯撮影が可能だ!!

GODOX X1R-C

X1R-Cは、これをストロボにつけておくとGODOXのストロボでなくてもXpro-Cでコントロールすることができる。
X1R-Cとシンクロコードをモノブロックストロボに指すと、モノブロックストロボも発光させることができる優れもの!!
ありがたいのは、コード類も同梱されているから安心。

早速、仕事で使ってみたら快適だった!!

やっぱり快適に感じたのは、ストロボのオンオフをコマンダーでできることだった。一時的に一つのストロボを使わない時などもカメラを持ったまま、その場で操作できるのは凄い楽に感じる。ちょっとストロボのとこまで行けばいいのだけれどそれだけでも楽に感じる。

取材時にも撮影会イベントでも、スクールフォトでも快適に使えて今回の買い替えは良かった!!
まだまだ、使い方に慣れていなくて戸惑うこともあるけど、これは使っていけば解決するので今後使い倒していこうと思う。

ということで、ストロボを使った撮影をしたくなっておりますので、撮って欲しい!!撮らせてくれる方いましたらお気軽にご連絡下さい!!
新しいストロボ撮影の練習も兼ねてなので相互無料でお願いします!!

Model:Azusa
Model: Masaki

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

(記入例)01-1234-5678

題名

打ち合わせ希望日
第一希望から第三希望まで選択して下さい
空き日程はスケジュールを参照してください。
第一希望:
第ニ希望:
第三希望:

お問い合わせ内容

(記入例)
◯◯円で商品紹介動画を制作したい。
動画制作し放題について聞いてみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました